100gから1500gまで豊富なメタルジグを用意しています。遠征や深海ジギングに特化した品揃え。シーフロアコントロール、ビート、ディープライナー、アキュレート、レネゲード、スタジオオーシャンマークなど
 

トップ > ジギング用品 > 謹製 〆鈎 絞め鈎
針間漁具 はりまぎょぐ
本焼ステンレス 樫持ち手
日本製

謹製 〆鈎  絞め鈎 <br>針間漁具 はりまぎょぐ <br>本焼ステンレス 樫持ち手 <br>日本製
謹製 〆鈎  絞め鈎 <br>針間漁具 はりまぎょぐ <br>本焼ステンレス 樫持ち手 <br>日本製
拡大画像

謹製 〆鈎 絞め鈎
針間漁具 はりまぎょぐ
本焼ステンレス 樫持ち手
日本製

ITEM INFORMATION
ブランド 針間漁具 (はりまぎょぐ)
商品名 謹製 〆鈎
材質 爪:本焼ステンレス
柄:樫
サイズ 全長:24cm
商品説明 【針間漁具とは】
現在の兵庫県南西部に位置した針間国(播磨国)。そろばん、播州三木打刃物、杉原紙など今日まで続く職人技が根付き、播州毛鉤があるように古くから漁具、釣具などを生み出してきた針間国。針間の職人技を、伝統、洗練された実用性を、現代に伝える。それが“針間漁具”です。針間漁具の道具は、ひとつひとつ職人の手仕事によって生まれます。ただ伝統的なだけでなく、手にした瞬間に温かみを感じる、実用的な道具です。
※播州毛鉤…水生昆虫を模して魚をおびき寄せる疑似針。全国の毛鉤生産の9割以上を占めています。

【針間漁具 謹製 〆鈎】
明治から脈々と続く職人の道具“〆鈎”。広くは知られていませんが、実用性と耐久性を必要とする職人に100年以上使われてきた日本の職人技を体現する道具です。現在も魚河岸などで使われる、魚を〆ることに特化した職人のための道具です。〆鈎は爪の本焼きステンレスと柄の樫のみで構成されます。道具としてのこだわりは素材にも反映されます。爪 は、“本焼ステンレス”。播州三木打刃物などを手掛ける鍛冶職人によって、ひとつひとつ丁寧に生み出されます。ステンレスなので錆びにくく、鍛造品なので強靭な仕上がりです。打刃らしい表情も魅力的な仕上がりとなっています。柄 は、もっとも堅い木材のひとつ“樫”。粘りもあり強度も高く、耐久性も優れている木材で、建築・船舶材にも使われます。堅いため、加工に手間がかかりますが、職人がひとつひとつ手作業で加工をほどこしています。このこだわりの組み合わせは、過酷な環境下でのご使用にも十分耐えられるものとなっています。。
商品コード : fg-hg08--
価格 : 5,500円(税込)
ポイント : 110
数量
 

かごに入れる
すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ



この商品についてのレビュー

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません