会員登録/修正 / ログイン / ログアウト / 注文履歴 / ポイント / 掲示板










 

トップ > ASS : アングラーズサポートサービス-- > ASS 87ジグ 180g シルバー / アカキン
アングラーズサポートサービス
マニアな仲間たち大石直也氏プロデュース パナジグ
ジギング メタルジグ






 
 
 
ASS 87ジグ 180g シルバー / アカキン <br>アングラーズサポートサービス <br>マニアな仲間たち大石直也氏プロデュース パナジグ <br>ジギング メタルジグ ASS 87ジグ 180g シルバー / アカキン <br>アングラーズサポートサービス <br>マニアな仲間たち大石直也氏プロデュース パナジグ <br>ジギング メタルジグ ASS 87ジグ 180g シルバー / アカキン <br>アングラーズサポートサービス <br>マニアな仲間たち大石直也氏プロデュース パナジグ <br>ジギング メタルジグ ASS 87ジグ 180g シルバー / アカキン <br>アングラーズサポートサービス <br>マニアな仲間たち大石直也氏プロデュース パナジグ <br>ジギング メタルジグ ASS 87ジグ 180g シルバー / アカキン <br>アングラーズサポートサービス <br>マニアな仲間たち大石直也氏プロデュース パナジグ <br>ジギング メタルジグ
ASS 87ジグ 180g シルバー / アカキン <br>アングラーズサポートサービス <br>マニアな仲間たち大石直也氏プロデュース パナジグ <br>ジギング メタルジグ ASS 87ジグ 180g シルバー / アカキン <br>アングラーズサポートサービス <br>マニアな仲間たち大石直也氏プロデュース パナジグ <br>ジギング メタルジグ ASS 87ジグ 180g シルバー / アカキン <br>アングラーズサポートサービス <br>マニアな仲間たち大石直也氏プロデュース パナジグ <br>ジギング メタルジグ ASS 87ジグ 180g シルバー / アカキン <br>アングラーズサポートサービス <br>マニアな仲間たち大石直也氏プロデュース パナジグ <br>ジギング メタルジグ ASS 87ジグ 180g シルバー / アカキン <br>アングラーズサポートサービス <br>マニアな仲間たち大石直也氏プロデュース パナジグ <br>ジギング メタルジグ
拡大画像
ASS 87ジグ 180g シルバー / アカキン
アングラーズサポートサービス
マニアな仲間たち大石直也氏プロデュース パナジグ
ジギング メタルジグ
商品コード : fg-as87a-180--
価格 : 2,106円(税込)
ポイント : 42
数量
 

▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
カラー x 重さ

180g
シルバー×売り切れ
アカキン×売り切れ

品切れ
お気に入りリスト友達にすすめる
商品についての問い合わせ
  氏名 : 評点 :
内容 :

レビュー書き込み
入力された顧客評価がありません
この商品についてつぶやく
ITEM INFORMATION
ブランド アングラーズサポートサービス / ASS
商品名 AS 87 ジグ / パナジグ
ウェイト
バリエーション
シルバー / アカキン(180g・220g)
180g220g250g290g330g
アルミ / グローカラー
180g220g250g290g330g
アルミシルバーオレンジグロー
180g220g250g290g330g
商品説明 【 大石 直也氏プロデュース 】
ASSのテスターを勤める静岡の大石直也氏がプロディースする対アカムツ、対タラ、中深海用メタルジグ“AS 87(パナ)ジグ”が遂に登場です!フロント重心、他のジグとは一味違うアクション、コンセプトのメタルジグです。フロント重心の利点はフォール速度と巻き抵抗の少なさ、中深海を攻める上で、これは大きな利点です。フリーフォールの場合、重い部分から落ちていくと思われ勝ちですが、水の抵抗が強い分が進行方向に対して後方になります。重い部分=大きな部分である鉛のメタルジグにとって、基本的には比重の少ない方から落ちていきます。そこにラインの浮力などが作用するため、リア重心よりもフロント重心が速く落ちるのです。(フロント重心がラインとジグが真っ直ぐ近くなるのに対して、リア重心はラインとジグでV字=まっすぐ落ちない)またアクションの魅力は、エギなどのようにジャーク後に頭から斜めに沈下することで、大きくスライドをみせることでターゲットにアピールします。沈下姿勢の変化をつかみながらの操作が肝です。基本の操作は、柔らかくジャーク・ロッドティップを返し、少しテンションが抜けたところで、張らず、緩めず、フォールさせます。またリールはラインスラッグが出ないよう、巻きとり量を調整しながら巻きます。またテストでは、少し強めに弾くようにジャークさせても良い結果出ています。テスト・実釣では対アカムツで続々と結果をだしています。テスト 例)水深:230m、ウェイト:250g、ロッド:スロージャーカー3oz