会員登録/修正 / ログイン / ログアウト / 注文履歴 / ポイント / 掲示板



 

アロー 260g 【 arrow 】
シーフロアコントロール
《 SEAFLOOR CONTROL 》
ジギング メタルジグ

商品名 : アロー 260g 【 arrow 】
シーフロアコントロール
《 SEAFLOOR CONTROL 》
ジギング メタルジグ

商品コード : fg-se16-260--

価格 : 2,900円(税込)

ショップポイント : 58

数量 :

▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
重さ x カラー

シルバーシルバーピンクシルバーブルーピンクブルーゴールドレッドゴールドグリーンゴールドオレンジイワシトゥフェイスピンクブルー
260g×××××

△・・・残りわずか

×・・・品切れ



ブランド SEAFLOOR CONTROL : シーフロアコントロール
商品名

arrow【アロー】

 
ウエイトバリエーション レギュラーカラー
230g260g
グローカラー
230g260g
セレクトグローカラー
230g260g
商品説明 ショートジグにはない潮抜けのよさ。セミロングよりも集魚力があり、大型魚を対象とした場合には抜群の真価を発揮することでしょう。また引き抵抗が軽いため、ジャーク時の軽快なコントローラビリティを実現。今までのフォールメインの釣りだけではなく上げの動作でもさまざまな誘いを入れる事ができ、ベイトタックルだけでなくスピニングタックルでも違和感なく使用していただけます。また二枚潮の状況下、ドテラ流しでも使用可能。上げの動作でもアプローチができるため、最大限のフォールを演出できることでしょう。

スローピッチジャークを牽引するプロフェッショナル、ジグシェイパー弘田一博さんが1,000分の1ミリ単位で削りあげ仕上げた次世代のジグ「アロー」。シーフロアコントロールとしてはアークにつづくセミロングジグ。私(鳥羽)も開発からテスト段階までを乗り合わせた船上で見てきました。あいかわらずの徹底的な現場主義によりプロトタイプだけでも数十種類のテストを繰り返し開発初期から今回のリリースまでは何度も形を変えながらの大変長い道のりだったと記憶しております。次世代ジグと言われるには理由があります。あくまで釣人側で「操る」事に拘ったジグです。人間側の竿の振りで上げ幅(飛ばし幅)やフォールの方向、距離などを明確にコントロール出来るジグです。第一世代のジグのよう人間がどんなシャクリをしても一定の動きが出る=「誰でも楽に釣れる」にはあてはまりません。型にはまらず自由な発想こそが「アロー」を操る楽しみに繋がると思います。まさに引き抵抗はゼロ!操る事に集中できます。二枚潮や三枚潮などのより厳しいコンディションほど真価を発揮出来るジグ。ドテラ流しでもスピニングタックルでも違和感無くお使い頂ける点も大きな特徴です。またアシストフックのコードは長めで使用することをお勧めします。全国の各フィールドでのテストでも圧倒的に釣果でています。「巨大カンパチ」から「アカムツ」まであらゆる魚に試してみて下さい。※今回のアローからレギュラーカラーのバリエーションが変わっております。全22色お好みのお色をお選びください!個人的にはドットグローレッドがオススメです。 アローでメモリアルフィッシュと出会えますように!
プロフェッショナルが拘るカラーはなんと全22色もございます。他のメーカーさんはせいぜい多く手10色ぐらい。アンバージャックでも多数のオリジナルカラーを展開させていただいておりますがシーフロアコントロールのジグの真価を知る為には先ずはレギュラーカラーをお試しいただきたいと思っております。弘田さん、松村さんとスローピッチの産みの親である佐藤統洋さん、全国各地のフィールドアドバイザーさん達の実績に基づき考案されている全ての色に理由があります。最近では佐藤統洋さんがアカムツ攻略で多用するチャートオレンジカラーや高知県加栄丸船長の名言「アカムツがミカンの皮が好き」からヒントを得たチャートイエローカラーなど22色のすべてのカラーに理由があります。ちなみに僕は 1. シルバー系かゴールド系 2. グロー有り無し を基本に考えて選択しています。みなさんの一撃必勝カラーはどれになるのでしょうか?? またご意見などございましたらお聞かせいただけたら幸いです。
AMBERJACK店長 鳥羽高彰

ユーザー評価

名前 :

評点 :

内容 :
入力された顧客評価がありません